「プラしず」は地域密着型のシンクタンク 市民活動に取組むあなたのパートナーです!  plashizuアットマークgmail.com


by pla-shizu

良いニュースと悪いニュース

 こんにちは、荻野です。
 今日は郵便受けに良いニュースと悪いニュースの両方が入っていました。

 悪いニュースの方は、富士市に申請していた「大学研究室・NPO協働フォーラム開催事業」の補助金が、残念ながら不採択となったという連絡です。

c0215817_22235854.jpg



 良いニュースの方は、こちら。
c0215817_2215166.jpg
 UCバークレーの山中啓子先生からのエアメールです。
 先日のプラ静とのフィールド調査を踏まえ、研究を着々と進められているとのことでした。

 視察アテンドのお礼として頂いたバークレーの美しい街並みの写真集
 この時計塔がとても素敵ですね
c0215817_22161091.jpg


 さて、2月11日のUCバークレーの日本研究ワークショップでは、静岡県における多文化共生事情も紹介される予定です。プラットフォーム静岡が、澤田敬人先生(静岡県立大学准教授)と、沼津市原団地で2009年9月に行ったペルー人コミュニティのフィールド調査なども発表されます。
 私もこのワークショップに参加予定だったのですが、どうしても外せない仕事が発生してしまい、急遽参加を断念しました。たいへん残念です。

 3月31日には、静岡市のグランシップにおいて、静岡県立大学グローバルスタディーズセンターとプラットフォーム静岡の共催で、このワークショップをフォローアップする形でのカンファレンスを行います。
 こちらのイベントにつきましては、詳細が決まり次第、お知らせいたします。
by pla-shizu | 2010-02-09 22:24 | 活動報告