「プラしず」は地域密着型のシンクタンク 市民活動に取組むあなたのパートナーです!  plashizuアットマークgmail.com


by pla-shizu

<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

国の事業仕分けも終わりましたが
静岡県の事業仕分けでは
対象となった101事業(仕分け結果103件)、事業費計532億円について
2010年度予算への各部局の要望状況を公表しました。
仕分け結果を精査し、県の判断で見直した結果
74件の廃止や改善で、約31億8千万円が削減されたそうです。

NPO関連の事業仕分け結果をみてみます。
静岡県のHP(事業仕分け結果)からの抜粋です。

NPO 活動推進事業費
(ふじのくにNPO 活動センター運営事業・管理運営委託事業)
<不要>
・場は市に既にある
<県実施(要改善)>
・場の提供については既に十分であるため、縮小継続
・目的を達成するための施設がどのようなものか把握し移転等を
班としての全体意見(以下の事業とも同意見)
仕分けの結果の分かれていることが、県とNPO との関わりについての評価が分かれていることを示している
・NPO を県がどこまでサポートすべきか、また、市町村との役割分担をよく整理し、より明確な位置づけが必要
・特に施設物については、水準、広さ、賃料、機能を含めて根本的に見直したらいかがか。

NPO 活動推進事業費(NPO 活動推進事業)

<民間>
・NPO は独立した主体であり、行政が活動推進を主導すべきものではない
・NPO 支援は民でやるべき
<市町村>
・市町村でできることは任せてよい
<県実施(現行どおり)>
・NPOの活動は、公のパートナーとして、今後重要な役割を担うもので継続すべき

地域交流プラザ運営事業費・県民生活センター管理運営事業費

<不要>
・設置市に既に施設がある。ソフトは市のあるNPOでもできる。
<民間>
・民間の発想で自由にやってもらった方がよい
・外部評価委員の人選の再考とモニタリングが必要
<県実施(要改善)>
・場所については移転等を含め再考を
・駅前の一等地でなくてもできるはず。移転、省スペース化を図ってほしい。


静岡県の市民活動センターである東部パレット、西部パレットは
指定管理期間1年ということで、指定管理者の公募が始まりました。
11月25日の静岡新聞朝刊にも記事が出ていました。
「パレット」運営見直しへ 県が来年度11/25 07:41
 県は、NPO(民間非営利団体)活動支援施設の県東部地域交流プラザ(東部パレット)と県西部地域交流プラザ(西部パレット)の運営について来年度、抜本的に見直す方針を固めた。施設賃料縮減の必要性を指摘された県の「事業仕分け」結果や利用者の声を踏まえ、1年かけて結論を出す。
 東部パレットは1996年に沼津商連会館ビル(沼津市)に、西部パレットは2001年にザザシティ浜松中央館(浜松市中区)に開設された。NPOが会議や情報収集・提供、講座、印刷などの場として利用している。
 東部パレットは民間に年間約2600万円、西部パレットは浜松市に年間約2800万円の賃料を払っている。事業仕分けでは、「駅前の一等地でなくてもできるはず」として、施設の移転や縮小によるコスト縮減が求められた。
 県は本年度末に両施設とも3年間の指定管理期間が終了するのを機に、NPOに対する支援施設やソフト機能の提供で市町との役割分担が必要と判断した。
 県は次期の指定管理期間を来年4月1日~11年3月31日の1年間と設定して指定管理者を募集。その上で「1年間、利用者と今後の運営の在り方を検討し、方向性を出したい」としている。募集要項配布や申請受け付けなどの問い合わせは県県民生活室〈電054(221)3726〉へ。
 一方、西部パレットの利用団体で組織する「西部パレット大好き会」は24日、90団体と120人の署名を添えて西部パレット存続を求める文書を県に提出した。


NPOや市民活動へどれだけ行政が関与するかは
色々意見が分かれるところでもあります。
役割分担についても、まだ共有認識がされていません。
来年度予算は県知事が最終判断をされるそうですが
もっと広い議論が必要ですね。
by pla-shizu | 2009-11-28 14:05 | NPO関連情報
 プラットフォーム静岡が共催する、「ひきこもり」や「不登校」、「発達障害」などに関する講演会について、お知らせします。

c0215817_1595672.jpg


お申込みは、静岡大学人文学部:荻野達史研究室まで
by pla-shizu | 2009-11-25 02:01 | NPO紹介
 富士市でも、市民税の1%を市民が選ぶ市民活動の支援に当てるという、いわゆる「1%市民活動支援制度」の検討が始まっています。
 市民活動拡大のチャンスとして歓迎する意見がある一方で、問題点が多いと指摘する反対意見もあり、こういう時こそ市民によるオープンな議論が必要です。

 そこでプラ静は、富士市「1%タウン・ミーティング」を開催します。
 富士市内の市民活動関係者であれば、誰でも参加自由です。
 富士市の次世代の市民活動補助金制度について、ゼロベースで大いに議論しましょう。
(事前に【plashizuアットマークgmail.com】まで申し込みをしてください。)

主催 NPO法人プラットフォーム静岡
日時 12月20(日) 14時~17時
場所 富士市民活動センター(コミュニティF)


コーディネーター:荻野幸太郎(プラットフォーム静岡)
by pla-shizu | 2009-11-20 23:58 | 活動予定
総務省による
「公の施設の指定管理者制度の導入状況等に関する調査結果」です。
1 調査時点
  平成21年4月1日現在
2 調査対象団体
  都道府県・政令指定都市・市区町村
3 調査結果のポイント
  指定管理者制度導入施設数 70,022施設
   都道府県6,882施設
   指定都市6,327施設
   市区町村56,813施設
    合計70,022施設

静岡県でも、多くの公の施設に指定管理者制度が導入されています。
静岡県 42、指定都市 409、市町村 936、合計1,387施設です。

調査結果で興味深いのは
指定管理者の指定を取り消した事例に関するものです。
特に市町村レベルで
指定管理者の経営困難による取り消し事例が多くみられます。
その他にも、指定管理者制度に関する問題が読み取れる調査結果がでています。

指定管理者制度ついて考える、いい機会です。
by pla-shizu | 2009-11-15 08:12 | 指定管理者制度

地域活動推進講座

 10月30日(金)に開催された「地域活動推進講座」(主催:静岡県男女共同参画室)は、好評のうちに終了することができました。
c0215817_211194.jpg
 コーディネーターを務めましたのは、プラットフォーム静岡の荻野です。

1.資金をどうするか?
 寄付金集めはどうすれば上手くいくか?
 行政の委託事業は受けるべきか?

2.会員・スタッフをどう集めるか?
 ボランティアの人たちにも交通費を支給したり、お弁当を出すべきなの?

3.後継者をどう育成するか?

4.団体はどうすれば存続・発展できるか?

などなど、会場に集まった市民活動ビギナーの皆さんからの質問を、地域で活躍する4人のパネラーの方に楽しくお答えいただきました。
by pla-shizu | 2009-11-12 21:05 | 活動報告
Yahoo!グループに「しずおか夜間中学フォーラム」というメーリング・リストを作成しました。

http://groups.yahoo.co.jp/group/shizuoka-yakan/

 静岡県内に夜間中学(中学校夜間学級)を設置することを目指すためのメディアとして機能させたいと考えております。
 また、メーリング・リストという手法が、地域での政策提言活動においてどこまで有効なのかの実験的側面もあるかと思いますので、どしどし参加してくださいますと嬉しいです。
by pla-shizu | 2009-11-12 15:02 | 政策提言
53年ぶりの政権交代で
NPOや非営利団体と政権との距離が短くなったでしょうか。
新しい公共の担い手であるNPO・市民団体の役割も大きくなるといわれます。
そのため、民主党とNPO等の市民団体との定期意見交換会も行われるそうです。
特定非営利活動法人NPO事業サポートセンターのHPより)

今夜(11月10日) 
新政権とNPO等との協議へむけての緊急意見交換会が開かれます。
テーマは
1. 雇用、介護、子育て、地域等の緊急課題についてのNPO・市民団体の意見交換と政策の共同提案
2. 新政権とNPO等との常設の協議機関(仮称「市民キャビネット」)の設置についての意見交換会

また、鳩山政権の政策に対するNPO・市民からのパブリックコメントも募集中です。
特に「緊急雇用対策」についての意見が求められています。
興味のある方、意見を提出してみませんか?

緊急支援アクションプラン「貧困・困窮者、新卒者支援の政策
雇用維持支援の強化、中小企業の支援、女性の就労支援等の政策
「緊急雇用創造プログラム」の推進の政策
by pla-shizu | 2009-11-10 17:11 | NPO関連情報
 本日、代表の荻野は、富士市国際交流ラウンジ(FILS)さんのワークショップに参加してきました。
 ブラジル、ペルー、中国、韓国、イランなどの皆さんたちと、日本の生活習慣について話し合うことで、社会生活におけるさまざまなギャップを発見していくという作業をしました。
c0215817_23382689.jpg

 ただ、今回参加されている外国人の皆さんは、熱心な日本語学習者ということもあり、日本の生活習慣をよく理解して、それを尊重しようと努力されている方々です。ですので、ギャップをどう割り切っているか・どう乗り越えてきたかという体験談が多かったように思います。

 国際交流ラウンジでは、外国人のために日本語を教えるボランティアさんが多数活躍しています。
 こういった草の根の活動が、外国人労働者に依存する工業都市:富士市を支えています。

 夜は、NPO法人サプライズさんの影奉仕に参加。
c0215817_23385577.jpg

 富士市民活動センター小池センター長や、サプライズの山本君たちと、富士市中央公園周辺のゴミ拾いをしてきました。
http://kage.i-ra.jp/e156390.html
by pla-shizu | 2009-11-08 23:48 | 活動報告

伊豆文学フェスティバル

静岡県の事業仕分け対象事業となっている伊豆文学フェスティバル
(予算27,469千円)
今年は国民文化祭の一環として
11月6,7日沼津市民文化センターで開催されました。

c0215817_18341086.jpg


6日の伊豆文学塾には、静岡県にゆかりの深い作家たち
三木卓氏、村松友視氏、嵐山光三郎氏、太田治子氏参加による座談会です。

c0215817_18343910.jpg


今年は「富士には月見草がよくにあう」の太宰治生誕100年です。
「父太宰は三島が好きだった」というお話、興味深く伺いました。

7日は国際色豊かな顔ぶれによる国際文学シンポジウムが開催されました。
by pla-shizu | 2009-11-08 18:43 | ひといき
2009年11月3日(火)

 千葉県市川市で開催された1%サミットを聞いてきました。富士市からは小池としあき市議と、市民協働課の職員さん2名が参加されていました。
 基調講演は御馴染みSEEDSの松原さん。市川市がこの制度を導入したときから関わっているようです。

 今回は「住民が選ぶ市民活動助成金制度」を導入している6つの自治体の事例が紹介されたわけですが、似たように見えて、実はそれぞれかなり大きく異なっています。
c0215817_20342449.jpg

 私が興味を持ったのは、奥州市の制度で、

①補助の申請を審査して、通った場合はまず事業費の半額まで助成。
②残りの半額については、住民による投票(1票500円)で上乗せする。

という二段階の仕組みになっています。

 ちなみに本日、市川市では同時開催で「還暦式」が行われていました。
c0215817_21121778.jpg
還暦を迎えた人たちが、式場に集って抱負などを表明する、団塊版成人式です。
c0215817_21122994.jpg
記念品は市川の地元企業ヤマザキ製パン。おいしく頂きました。

 話は変わりますが、市川市は、千葉県で唯一の夜間中学がある街としても知られています。
c0215817_20351268.jpg

by pla-shizu | 2009-11-03 20:39 | NPO関連情報