タグ:ふじのくにNPO活動センター

  • ふじのくにNPO活動センター管理運営評価委員会
    [ 2011-01-12 08:05 ]
  • ふじのくにNPO活動センター
    [ 2010-04-24 09:57 ]
  • FNC(ふじのくにNPO活動センター)オープン準備No.2
    [ 2010-04-20 19:06 ]
  • FNC(ふじのくにNPO活動センター)オープン準備No.1
    [ 2010-04-19 19:02 ]
  • NPOセンターの今後
    [ 2009-11-02 01:00 ]

『マッピー』用ボーダー

ふじのくにNPO活動センター管理運営評価委員会

毎日寒い日が続きます。

年末の12月27日(月)、県庁本館4階議会403会議室で
ふじのくにNPO活動センターの管理運営評価委員会が開かれました。
4月22日に水の森ビルに新しくオープンしたFNCが初めて評価を受けました。
センターの運営管理業務は1年契約の委託事業であり
私たち、プラットフォーム静岡&東海道・吉原宿コンソーシアムにとっては
来年に関わる大切な評価委員会です。

評価結果は県のHPで後日公表されると思いますが
関係者だけで開催される評価委員会というものが
いったいがどんなふうに行われるのか
興味を持たれる方も多い方と思います。
私たちも初めての経験でしたが
差し障りのない範囲でご紹介しましょう。



評価委員は受託者選定委員会と同じメンバーです。
 河井 孝仁 東海大学文学部広報メディア学科准教授
 松下 光恵 特定非営利活動法人男女共同参画フォーラムしずおか理事
 稲葉ゆり子 特定非営利活動法人たすけあい遠州代表者
 高橋 節郎 財団法人静岡経済研究所常務理事
 
評価委員会長 望月 正 静岡県県民部県民生活局長
事務局 県民生活課長、NPO班4名、FNCマネージャー4名が出席しました。

まず、ふじのくにNPO活動センター管理運営業務委託要領項目に係る実施状況と
事業計画に対する進捗状況をセンター長が報告しました。

次に県による内部評価結果が報告されました。
総合評価はは評価委員による外部評価と
県による内部評価、FNCによる自己評価から算出されます。
内部評価と自己評価はすでに結果がでており
この委員会で評価委員による外部評価を受けました。

自己評価と内部評価点数が大きく違うものについて
NPO班から説明を受けました。



評価委員からの質問は
 ①市町センターからの依頼にはどんなものが?
 ②HPよりブログアクセスが多い理由は?
 ③印刷をスタッフに依頼する正当性は?等・・・

また貴重なご意見をいただきました。
 ①満足度アンケートの基準統一
 ②新興NPOとベテランNPOとの連携充実化 
 ③目標成果指標の設定(講座産者数等)
 ④若いスタッフの研修の重要性等・・・
改善していきたいと思います。

評価をいただいた点としては
 ①短期間での刷新努力
 ②「囲い込まない姿勢」(他との連携)等々・・・

前センターからの引きや試行錯誤の連続で戸惑うことも多々ありましたが
いつも皆で前向きに対処してきました。
その点を評価していただいたことはとてもうれしく思いました。

まだまだ途中経過であり課題も多くあります。
今後とも当初の目的を達成すべく努めていきたいと思います。

ご支援いただいた皆さまに
心より感謝申し上げます。




by pla-shizu | 2011-01-12 08:05 | NPO関連情報

『マッピー』用ボーダー

ふじのくにNPO活動センター

4月22日、静岡駅南口水の森ビルに
ふじのくにNPO活動センターがオープンしました。

ふじのくにNPO活動センターのHPは
FNCふじのくにNPO活動センター

twitterは
FNC_shizuoka です。
twitpicは
http://twitpic.com/photos/FNC_shizuoka

FNCのブログ開設がまだなので
オープニング等日々の活動報告、写真は当分これらでのご紹介になります。
まだなれない毎日にまだてんやわんやですが
どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ開設のお知らせ

by pla-shizu | 2010-04-24 09:57 | 活動報告

『マッピー』用ボーダー

FNC(ふじのくにNPO活動センター)オープン準備No.2

昨日に引き続き
FNC(ふじのくにNPO活動センター)オープン準備の様子です。

静岡駅から続く歩道橋2階からの入口です。
同じ水の森ビル2階のフロアーには
県民生活センター、国際交流協会等があります。



今朝は、県の担当課の方々もおみえになりました。
22日のイベント会場のチェックです。



今日のメイン作業はブラインド、備品の清掃、ネット環境整備でした。
机や棚のテープを薬品ではがしたり
机・椅子を磨きあげました。
細かな作業が続きます。





このような中、新しいセンターに訪れる方もありました。

利用者登録等は22日に開始いたします。
どの団体も
改めて利用者登録をお願いいたします。


あと1日、たいへんご迷惑をおかけいたしますが
どうぞ、もうしばらくお待ちください。




by pla-shizu | 2010-04-20 19:06 | 活動報告

『マッピー』用ボーダー

FNC(ふじのくにNPO活動センター)オープン準備No.1

4月22日(木)のグランドオープンに向けて
本格的な準備が開始しました。

ガランとしたセンターです。



運び込まれた段ボールの数々



荷解作業の開始です。





プリンター設置、ネット接続、パソコン・文具の搬入など
次々と業者の方々も行き来します。





印刷室の準備完了です。



日頃お休みしていた筋肉稼働で
ちょっとばかりお疲れ状態ですが
準備はまだまだ明日以後も続きます・・・。




by pla-shizu | 2010-04-19 19:02 | 活動報告

『マッピー』用ボーダー

NPOセンターの今後

2009年10月29日(木)

 今後の「ふじのくにNPO活動センター(中部パレット)」のあり方についての採決が行われるということで注目されていた、同センターの利用者会議ですが、水の森ビルに移転するという案が可決されました。

 38人が採決に臨んだ結果、
  案1:「水の森ビルへの移転縮小」23票
  案2:「現状どおり」14票
  棄権:1票
という結果に。

 今後、この結果と事業仕分けの結果を踏まえた上で知事が判断をし、議会の予算審議を経ることになります。

 議論の一番の対立軸は、「現在の使い慣れた広いセンターを、今後も使い続けたい」という一般利用者の率直な要望と、「今の施設に費やしている高額なテナント料を、もっと別のことに使ってほしい」というコアなNPO関係者からの戦略的要望でした。
 そういった議論の中で、移転案への賛同者が最終的に多くなった理由は、「静岡市が設置する番町市民活動センターとの二重行政を避けるべきではないか」という県側の説明に、一定の説得力があったからではないかと考えられます。



by pla-shizu | 2009-11-02 01:00 | NPO関連情報

『マッピー』用ボーダー