「プラしず」は地域密着型のシンクタンク 市民活動に取組むあなたのパートナーです!  plashizuアットマークgmail.com


by pla-shizu

タグ:静岡県 ( 6 ) タグの人気記事

9月8日(土)13:30〜ふじのくにNPO活動センターで開催した
プロボノ・フォーラム静岡2012
多くの方々にご参加いただき無事終了することができました。
ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

c0215817_1110279.jpg


平成24年度の静岡県新しい公共支援事業
「NPO等基礎体力づくり及び中間支援機能強化事業」の一つとして
(NPO法人プラット フォーム静岡・ (株)ウィズダムバンクコ ンソーシアム)
静岡県へのプロボノ紹介・啓発・普及として企画をしました。
「まだ静岡には早いのでは?」とか
「静岡では人が集まらないよ」とか
「フォーラムはもっと後にした方がいい」等
色々なご意見の中での開催となりました。
また、公の告知から2週間という短期間の広報にも関わらず
本当多くの方々にお出かけいただき心より感謝申し上げます。

c0215817_1111226.jpg


新しい形の社会貢献はNPOの基盤整備にも有益なものとなります。
寄附、プロボノ、ボランティア等様々な社会貢献を組み合わせて
企業ーNPO等ー市民ー行政との協働の方は
より多様化かつ進化していくと考えられます。

c0215817_11113520.jpg


現在実施中の「NPO等基礎体力づくり及び中間支援機能強化事業」では
本格的なプロボノシステムの静岡県への導入とともに
個別NPOへの専門家派遣、市民 ファンド設立準備、
中間支援ネットワーク構築も実施中です。
個別NPO等の基礎体力を増強していいくとともに
各センターの中間支援機能力アップしていきます。
プロボノも中間支援機能そのもの
今後各地での説明会も開かれますのでご参加ください。


個別NPO等への専門家派遣プログラムもどうぞご利用ください。
by pla-shizu | 2012-09-10 11:24 | 活動報告
県からのお知らせです。
平成22年度の雇用創出事業の公募が始まりました。

人材育成に主眼を置いて雇用期間が長くなっているのが特徴です。
詳細は静岡県のHPをご覧ください。
新たな雇用・就業機会を創出するための雇用創出プラン
事業説明会にも申し込みなしで参加できます。
日 時: 3月26日(金) 14:00~16:00
場 所: あざれあ2階大会議室


c0215817_10193914.jpg


c0215817_10195526.jpg

by pla-shizu | 2010-03-20 10:22 | NPO関連情報
今日はどんよりとしてとても寒いですね。
「子育て支援NPO法人立ち上げ支援事業」で富士宮に行ってきましたが
朝、富士宮では雪がちらついていました。

まだ始まったばかりのこの事業について
宣伝もかね、ちょっとご紹介します。
目的
 地域における子育ての相互支援体制作りを目的として、少子化、核家族化により孤立し子育ての不安や悩みを抱える家庭を支援するボランティアグループに対し、子育て支援NPO法人の立ち上げ支援などを行う。
県が「立ち上げ支援申し込み」を受けつけ
立ち上げ支援のために二人ペアで出張してお話を伺います。
静岡県東部はNPO法人ゆめ・まち・ねっとさんとご一緒いたします。

今日は富士宮のグループということで
会場は富士健康福祉センター富士宮分庁舎(旧富士宮保健所)でした。
日程や場所は、申し込みグループと県とで調整し決定します。
詳しいお問い合わせ・派遣申し込み先は
静岡県厚生部子育て支援室
子育て未来スタッフ
電話 054-221-3485
FAX 054-221-3521


c0215817_1485342.jpg


c0215817_149464.jpg


3時間みっちりのお話、質疑応答、意見交換・・・・
私もとても勉強になります。
今日は県の方も同席され、東部における事業がスタートしました。
色々なグループにお会いできそうで楽しみです。
by pla-shizu | 2010-02-17 14:22 | 活動報告
静岡県(厚生部福祉こども局子育て支援室)主催による
「しずおか子育て応援メッセ2010」が開催されます。
子育てグループ・NPOと様々な機関との協働事例が発表されます。

県内では初めて、子育てタクシーが浜松に走るようになりました。
平成16年、香川県のNPO法人わははネットが「子育てタクシー」を始めた時
タクシーという交通分野にNPO法人が、
しかも子育て支援のNPO法人が参入したということで大変話題になりました。
今回は「~商店街の空き店舗を活用した子育て広場の運営から~」というテーマ
タクシーの次は商店街、NPO法人わははネットのお話にも興味が湧きます。


当日、子育て支援NPO法人立ち上げ支援無料相談コーナー(要事前予約)を
ぴっぴさんと担当することになりました。
イベント参加申し込みはこちらです。

c0215817_6344476.jpg


県内の主な子育て支援のポータルサイトには
浜松市子育て情報サイトぴっぴ
子育て支援ブログ「しえんた」
があります。
私は海外で子育てをした時期がありますが
異なる言葉や生活環境での不安な子育てを
現地の子育てネットワークにとても助けられました。
貴重な静岡県の子育て支援ネットワーク、充分ご活用ください。
by pla-shizu | 2010-01-28 07:17 | 活動予定

静岡に夜間中学を作ろう

 私たちは、静岡県内に2~3カ所の夜間中学(中学校夜間学級)が設置されることを目指しています。現在、静岡県内には夜間中学が一つもありません。
(夜間中学は全国に35校。内訳は、東京8、神奈川6、千葉1、大阪11、兵庫3、京都1、奈良3、広島2校となっています)

 夜間中学とは、正規の中学校の夜間部です。
 ここに在籍して学ぶことにより、中学校の卒業証書を得ることができます。
 戦後に制度が作られた当初は、主として第二次大戦期の混乱で義務教育課程を修了できなかった社会人を対象としていましたが、現在ではほとんどの在籍者が日本語の読み書きが不十分な外国人青年たちです。そのため多くの夜間中学では、外国人のための日本語カリキュラムが用意されています。

 静岡県には約10万人の外国人が暮らしていて、その内の約5万人がブラジル人です。
 彼らの子弟が教育を受ける環境は必ずしも十分なものとはいえず、「子どもの権利条約28条1項(a)に抵触しているのではないか」という指摘すら、内外から出ているのが現状です。
 現在、就学年齢(6歳から15歳)の外国人児童生徒が日本の学校に通学できるよう、国際移住機関・国・県・市などがさまざまなプログラムを実施していますが、就学年齢を過ぎた青年たちへの公のサポートはほとんどありません。
 中学校を卒業しないまま(そして日本語の読み書きが不十分なまま)、社会人となった彼らは、リーマンショック以降の雇用情勢の中で、特に厳しい立場に追いやられています。

 私たち「プラットフォーム静岡」は、静岡県に暮らす中卒資格を持たない外国人の青年たちに公平な進学・就職の機会を保障するために夜間中学の開設が望ましいと考え、以上のような提言を行っていくことにしました。
by pla-shizu | 2009-10-19 21:17 | 政策提言

静岡県の指定管理者制度

静岡県の公の施設で指定管理者を導入している施設の一覧表です。
全部で30施設あります。
グランシッップや富士山静岡空港もあります。

現在指定管理者を募集しているのは施設
静岡県男女参画センターです。

公の施設や、指定管理者制度についての説明もあります。
詳細はこちらをご覧ください。

「公の施設」の効率的・効果的な管理運営 指定管理者制度
by pla-shizu | 2009-10-09 17:57 | 指定管理者制度