「プラしず」は地域密着型のシンクタンク 市民活動に取組むあなたのパートナーです!  plashizuアットマークgmail.com


by pla-shizu

『新しい公共』づくり

2009年度2次補正予算が昨日成立しましたが
最近、「新しい公共」、それに携わるNPO法人関連のニュースをよく見かけますね。

円卓会議:政府が初会合 「新しい公共」の概念深める(毎日新聞 1月27日)
 政府は27日、市民やNPOなどが社会的活動を主導する「新しい公共」の概念を深めるための「円卓会議」(座長・金子郁容慶大教授)の初会合を首相官邸で開いた。NPOなど公益性の高い法人への優遇税制や資金援助などを検討し、夏までに結論をまとめる。鳩山由紀夫首相は昨年10月の所信表明演説で「市民やNPOの活動を側面から支援することが21世紀の政治の役割」と語っていた。
 初会合で首相は「『公』と言うと官(庁)がまかなう発想だった。民との協力で、もっと満足や幸せを得られる社会を作れる」と述べた。
もう一つは
「『新しい公共』づくりをめざした市民と民主党の政策形成プロジェクト」を開催
(民主党ニュース 1月28日)


「『新しい公共』づくりをめざした市民と民主党の政策形成プロジェクト」が開催されました。
NPOや市民団体との直接対話が持たれました。
①NPOをめぐる制度・税制のあり方に関する現状と課題
②新公益法人制度
③NPOバンクを含めた市民活動を支える新たな非営利金融システム
④継続的な事務所・団体支援
こういった現場からの意見、課題や提言が政策形成に反映できるということは
とても歓迎すべきことだと思います。
NPO法人の政治活動は禁止されているわけですが
法律や仕組みづくりに関して意見がいえる場が設けられたということは
今後のNPOを取り巻く環境整備に期待が持てます。

ビデオ配信もされています。
by pla-shizu | 2010-01-29 09:52 | NPO関連情報